日本・ベルギー友好150周年 ベルギー近代美術の精華展

2016.10.26 WED - 2016.12.11 SUN
オランダ、ドイツ、フランスなどヨーロッパの大国と国境を接することから「ヨーロッパの十字路」と呼ばれ、独自の展開を見せてきたベルギー近代美術を紹介します。
 オランダ、ドイツ、フランスなどヨーロッパの大国と国境を接することから「ヨーロッパの十字路」と呼ばれ、独自の展開を見せてきたベルギー近代美術を紹介します。レアリスム、印象派、クノップフなどの象徴派、アンソールなどの表現主義、そして独自の展開をみせたデルヴォーとマグリットのシュルレアリスムにいたる19世紀から20世紀前半までの流れを、姫路市立美術館のベルギー美術コレクションを中心に国内の美術館の所蔵作品によってたどります。

【会期】2016年10月26日(水) - 12月11日(日)
【会場】展示室3(2階)
【休館日】毎週月曜日
【観覧料】一般800円/高校生600円/小・中学生400円/未就学児 無料
 高齢者(65歳以上)は観覧料が400円に、障がい者と介助者1名は、観覧料が無料になります。
【出品点数】73点 →出品リスト



特設ページはこちら >>


belgium-s1.jpg
  ▲チラシはこちら


展覧会に関連した催し


ベルギー・デー ミュージアムコンサート「たのしいサックス」
 2016年11月12日[土] 13:00〜13:45 文化の森シンボル広場ほか(雨天の場合は四館棟1Fロビーほか)
ベルギー・デー トークショー「もっと知りたい、ベルギー」
 2016年11月12日[土] 14:00〜15:30 徳島県立二十一世紀館 多目的活動室
手話通訳付き展示解説
 2016年11月13日[日] 13:00〜 展示室3(2階)
スペシャル・トーク(展示解説)
 2016年11月20日[日] 14:00〜15:30 展示室3(2階)
こども鑑賞クラブ ヨーロッパの巻
 2016年11月26日[土] 14:00〜14:45 展示室3(2階)
学芸員による展示会説
 2016年11月27日[日] 14:00〜15:00 展示室3(2階)