徳島のコレクション 2017年度第2期

2017.7.22 SAT - 2017.11.26 SUN
「特集」コーナーの他、収集方針に合わせて「20世紀の人間像」「徳島ゆかりの美術」「現代版画」のコーナーを設けています。


■ 特集 菊畑茂久馬の絵画
■ 20世紀の人間像
■ 現代版画
  ことばときもち(7月22日[土]−8月20日[日])
  きもちとすがた(8月22日[火]−9月18日[月・祝])
  すがたときおく(9月20日[水]−10月22日[日])
  きおくとながめ(10月24日[火]−11月26日[日])
■ 徳島ゆかりの美術
■ 祝 県立図書館100周年 コーナー展示「三宅克己・伊原宇三郎の著作」
  (10月24日[火]−11月26日[日])

【特集 菊畑茂久馬の絵画】
 今回の特集は菊畑茂久馬(1935〜)の絵画を紹介します。
菊畑は徳島県出身の作家です。幼少期に福岡に移り、以降同地を拠点として制作を続けています。菊畑は1960年代初め、前衛グループ「九州派」に参加。メンバーの中でも注目された存在でした。しかし、60年代半ばより徐々に作品の発表をしなくなりました。そして、83年、約20年ぶりとなる絵画の個展で200号の大作絵画の連作<天動説>を発表しました。この長い時間をかけて、菊畑は独自の絵画を模索し続けていたのです。その後、現在に至るまで9つの大作絵画の連作を発表しています。今回は、その中から中から初期の<天動説>、<月光>、<月宮>の連作から作品を紹介します。
【20世紀の人間像】
 今回は、特集で菊畑茂久馬の絵画を紹介するのに合わせて、菊畑と同世代(1930〜40年生まれ)の作家たちの作品を紹介します。この世代の特徴としては、1960年代初め、絵画とか彫刻の概念からすれば異質な素材を使用した「反芸術」という動向を出発点としている作家が多くいることです。篠原有司男(1932〜)はその代表的な作家の一人です。一方で、グラフィック・デザイナーとして活躍していた?尾忠則(1936〜)もこの世代の作家です。出発点の異なる作家たちを合わせて紹介することで、世代内での多様さをご覧いただきます。あわせて、定番のピカソの作品も紹介します。
【現代版画】
「ことばときもち」 会期:7月22日(土)〜8月20日(日)
「きもちとすがた」 会期:8月22日(火)〜9月18日(月・祝)
「すがたときおく」 会期:9月20日(水)〜10月22日(日)
「きおくとながめ」 会期:10月24日(火)〜11月26日(日)
 今期のテーマ「ことば遊び」のように仕立ててみました。しりとりのイメージの繋がりも楽しんでください。
【徳島ゆかりの美術】
 今回は、伊原宇三郎や石丸一の油彩画、アクリル絵具も併用した谷川泰宏の絵画をご紹介します。また、展示替えをしながら、三宅克己の水彩画、夏と秋の風景を表した市原義之の日本画、阿波の国図をイメージした森山智己に日本画をご覧いただきます。
また、祝 県立図書館100周年 コーナー展示「三宅克己・伊原宇三郎の著作」を10月24日(火)〜11月26日(日)の会期で開催いたします。

このほかに、美術館ロビー、屋外展示場、彫刻の小径に展示します。
・都合により内容が変更になる場合もあります。

7月22 日〜 8 月31 日は「家族でおでかけ・節電キャンペーン」により所蔵作品展が無料でご覧いただけます。(7月21日は展示替のため休室)

11月3 日〜 19 日は「とくしま文化推進期間、関西文化の日」11 月23 日は「関西文化の日」により所蔵作品展が無料でご覧いただけます。

【会期】2017年7月22日[土]- 11月26日[日]
【会場】美術館 展示室1・2 他
【主催】徳島県立近代美術館
【休館日】毎週月曜日(8月14日、9月18日、10月9日は開館)、9月19日、10月10日
【出品点数】101点→出品リスト


展覧会に関連したイベント


【ポイント解説】菊畑茂久馬の絵画
 2017年7月30日[日] 14:00〜14:20 展示室(2階)
【展示解説】20世紀の人間表現
 2017年9月10日[日] 14:00〜14:45 展示室(2階)
【レクチャー】菊畑茂久馬の制作
 2017年10月1日[日] 14:00〜15:00 講座室(3階)
【こども鑑賞クラブ】菊畑茂久馬の世界
 2017年10月7日[土] 14:00〜14:45 展示室(2階)