作家詳細情報
「三宅克己」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
作家名 三宅克己
作家名(ヨミ) ミヤケコッキ
作家名(英字) MIYAKE KOKKI
出身地 徳島県徳島市
生没年月日 1874年~1954年
略歴 1874年徳島県に生まれ、1954年に没した。旧徳島藩江戸留守居役だった父が、蜂須賀家の養育係となったため、6歳のとき家族で東京に移住。近所には、洋画家・高橋由一の画塾があり、絵に関心をもつようになったと言われている。大野(曽山)幸彦、原田直次郎に洋画を学ぶが、来日中のイギリス人画家ジョン・ヴァーリー(バーレイ)の水彩画に感動し、水彩画家を目指すようになった。1897年、アメリカに渡り、一時イェール大学付属美術学校でも学んでいる。翌年ロンドンに移り、フランスやベルギーを経て帰国。その後、日本各地はもちろん、ヨーロッパ、アメリカ、中国へたびたび出かけ、風景画を描き続けた。1899年白馬会会員。同会の解散後は、光風会の創立に参加。1907年に文展(文部省美術展覧会)が開設されると、第一回展から出品し、以後、文展や帝展(帝国美術院美術展覧会)、新文展、戦後の日展で活躍。1915年の文展で2等賞(最高賞)を受賞。翌年から無鑑査となり、帝展、新文展では審査員もつとめた。水彩画を独立した洋画の一分野ととらえ、透明水彩の繊細な表現を追求するとともに、水彩画に関する著書を多数刊行するなど、水彩画の普及に尽力した。昭和初期には、写真に関する啓蒙書も執筆。晩年の1951年、日本芸術院恩賜賞を受賞している。
作品情報 所蔵品あり
関連用語 徳島ゆかり   
当館開催の特別展出品歴 みづゑのあけぼの
近代徳島の美術家列伝−明治から第二次世界大戦まで
巴里憧憬 エコール・ド・パリと日本の画家たち
美術の国徳島 1昭和の文展、帝展作家
開館20周年記念展 徳島県立近代美術館 名品ベスト100
魅力発見!わたしたちの美術館
生誕140年・没後60年記念 水彩表現の開拓者 三宅克己回顧展
暮らしの感覚―アートとデザインが交流する空間
作家番号:10083 (日本)
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる