作家詳細情報
「中野和高」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
作家名 中野和高
作家名(ヨミ) ナカノカズタカ
作家名(英字) NAKANO KAZUTAKA
出身地 愛媛県
生没年月日 1896年~1965年
略歴 1896年愛媛県に生まれる。1908年家族とともに宮城県に移る。1914年上京し、葵橋洋画研究所で黒田清輝の指導をうける。1916年東京美術学校西洋画科に入学、21年同校を卒業する。同年第3回帝展に初入選する。1923年養子となり、北野姓から中野姓にかわる。この年から1927年にかけてフランスに留学し、サロン・ドトンヌに入選する。その間前田寛治、佐伯祐三らと親交を深める。帰国後、1927年の第8回帝展以降3年連続して特選を受賞し、30年無鑑査となる。一方、1928年の第3回一九三〇年協会展に作品を特別陳列し、会員となる。1940年鈴木千久馬、大久保作次郎らと創元会を結成、翌年の第1回展以降毎回出品をつづける。戦後は日展の審査員、参事、評議員をつとめ、1958年日本芸術院賞を受賞する。滞欧期の立体的な表現から日本的な平面表現に移行し、古典的で清楚な人物像を描いた。(「ピカソと日本」図録 1990年)
作品情報 特別展で借用
当館開催の特別展出品歴 ピカソと日本
東四国阿波讃岐風景画展
作家番号:10175 (日本)
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる