作家詳細情報
「三谷十糸子」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
作家名 三谷十糸子
作家名(ヨミ) ミタニトシコ
作家名(英字) MITANI TOSHIKO
略歴 1904年兵庫県に生まれる。1992年没する。本名は敏子。東京の女子美術専門学校(現在の女子美術大学)に学ぶ。同校卒業後は、京都の西山翠嶂が主宰する研究団体、青甲社に入り、翠嶂に師事した。昭和初期から帝展に出品し、1932年の第13回展、翌年の14回展で連続して特選を受賞。第二次世界大戦後は日展で活躍した。文部大臣賞や日本芸術院賞を受賞した他、日展会員や評議員、参事をつとめた他、女子美術大学教授、同学部長、学長を歴任。戦前から戦後しばらくの時期は、和服姿の少女に庶民的な共感をにじませたが、1950年頃からモダンな洋装姿の女性を描く。女性の姿を詩的な味わいを込めながら描き続けた。
作品情報 所蔵品あり
当館開催の特別展出品歴 明治・大正・昭和 100年の名画 国立美術館名作選
作家番号:12508 (日本)
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる