展覧会詳細情報
「「美人画の雪月花−四季とくらし 培広庵コレクションを中心に」展」の詳細情報
●くわしい検索へ  ●美術館トップへ
名称 「美人画の雪月花−四季とくらし 培広庵コレクションを中心に」展
期間 2019年7月20日(土)~2019年9月1日(日)
展覧会場 展示室3
概要 文化の森総合公園開園プレ30周年、徳島新聞創刊75周年記念 「美人画の雪月花−四季とくらし 培広庵コレクションを中心に」展  日本の伝統的な絵画のモチーフのひとつ「美人画」の世界を、国内屈指の近代美人画コレクションとして知られる「培広庵コレクション」に、当館の所蔵作品を加えて展覧します。「美人画」が最も輝きを放った大正、昭和初期を中心に、優美な作品で美人画をリードした鏑木清方、上村松園、上方の甲斐荘楠音、北野恒富ら、また金沢の紺谷光俊などの作品を、四季や日常の粧い、芸事や踊り、物語・伝承などの切り口でご紹介します。
コピーライト 徳島県立近代美術館 2006
検索条件設定へもどる 検索条件設定へもどる